サプリメントの飲む時間や飲み方について

サプリメントを扱う時は、飲む時間などを意識しましょう。外見が医薬品と同じようなサプリメントが多いため、薬とサプリメントを混同している人がいます。薬と同様、サプリメントも食後に摂取しなければ十分な効果が表れないのではないかと考えている人もいます。特段指定がなければ、サプリメントの飲み方や飲む時間については、薬を処方された時に注意すべきことと大差はないといいます。量や回数は、説明書に表示されている数より増やさないほうが安心です。

足りない栄養素を補う意味で利用するビタミンやミネラルといったサプリメントの場合、できれば食事と同じような感覚で摂る方がおすすめです。その場合のサプリメントを飲む時間は食後から食後30分であり、胃に何も入っていない時は適切なタイミングではありません。サプリメントを飲む時に使うものは薬と同様に、水か白湯がおすすめです。ジュースやお茶だと吸収が落ちることがあります。サプリメントは薬ではなく食品なので、薬のように飲み方や飲む時間が細かく決まっているわけではなく、アバウトでいいでしょう。食品だからと言って、多量にサプリメントを摂取しすぎてしまうのは、やはり体にはあまり良くありません。飲む時間に詳細な指定がないサプリメントでも、短時間しか間をあけずに飲み続けていると摂取量か過剰になります。飲む時間についてはある程度の注意を払わなければ、サプリメントの期待した効果が出づらい場合もあります。